倉庫保管

サービスのご案内

保管、荷役、包装、流通加工を富山県で。

倉庫保管は、安全であり、確実であることが必須条件。それをいかに効率化させるか。
この命題に正面から真摯に取り組むことで、私たちはひとつの答えを導き出しました。
それは新時代サードパーティロジスティクスの誕生を、宣言するに値するもの。その覚悟を持って、
私たちはロジスティクスマネジメントを次のステージへと引き上げます。

7万9千坪の巨大施設

7万9千坪の巨大施設

富山県小矢部市を中心に、高岡市、射水市4ヶ所の主要倉庫施設を持ち、その合計面積は7万9千坪に上ります。物流の中枢機能を集約した本社・配送センターは高速インター入口至近にあり、当日受注・翌日配送を実現。日本列島のほぼ中心に位置する富山県一ヶ所から物流業務を行うことで、配送効率を高めるだけでなく、合理性のあるサポート体制を可能としています。

商品形態別による最適な倉庫保管システムの構築

商品形態別による最適な倉庫保管システムの構築

私たちが扱う商品は、大型品・重量物・完成品・ガラス製品・天地無用など、形状・重量・梱包形態が異なり、約12万アイテムにも及びます。これら多品種少量の保管・荷役・輸送に対するノウハウと思考をカタチにし、品種毎に出荷倉庫を決めるとともに、ABC分析を活用したピッキング効率改善を随時図っています。商品を間違いなく扱うためのあらゆる手法を駆使し、最適な倉庫保管システムを構築しています。

回転出荷を軸にした高効率の倉庫運用で全国同時配送を実現

回転出荷を軸にした高効率の倉庫運用で
全国同時配送を実現

保管システムだけでなく、本社各物流センターの運用についても私たちは独自の取り組みをカタチにしています。ホームを4回転運用することで、限られた出荷バースを最大限に、また有効に活用。さらに地域別の出発時間を的確に管理し、受注・特注製品は回転別に倉入されるよう生産とも連携。このように盤石の本社各物流センターの運用体制を整えることで、翌日の午前中には配送を完了できる、全国同時配送を実現しています。

for Example

最大7メートルから最小7ミリメートル

一月あたりの輸送量は、107,000m3。これを動かす荷役機器は、およそ300台/日。最大7メートルを超える長尺品や大型形状品から、最小7ミリの小物部品にいたるまで、自在に扱える体制が整っていることで、10万m3を超える輸送量を実現しています。

最大7メートルから最小7ミリメートル

for Example

一日あたりの運行車両台数は、約900台

一日あたりの運行車両台数は、約900台。全国約100社の輸送パートナー会社が、最適な運行体制を取り、安全で確実な物流サービスを支えています。

一日あたりの運行車両台数は、約900台